top of page
  • 執筆者の写真干泥 信隆

外国人が働きやすい職場の特徴1選








こんにちは。

干泥です。


皆さんは「外国人材の採用を考えている」若しくは「すでに外国人を雇用している」でしょうか?


その中で、

「ちゃんと外国の方に活躍してもらえるだろうか」

「採用したはいいけど、なかなか独り立ちが難しい」

などお悩みを抱えたことはありませんか?


今回はそのような悩みの大部分を占める要因について、

以下の流れで少し話してみたいと思います。



結論

根拠

改善策




ではいってみましょ~!


目次


  1. 1.結論

  2. 2.根拠

  3. 3.改善策

  4. 最後に


1.結論




コミュニケーション不足





2.根拠

例えば、施設長であれば「施設の考え方に共感し、そのコンセプトに基づいた仕事をしてほしい」と考えますよね。

この考え方の中には少なからず日本人独特の文化や考え方が盛り込まれています。

日本人の特徴ともいわれる、周りと足並みをそろえましょうという文化です。

協調性といえば聞こえはいいですが、悪く言えば足並みをそろえられない部外者や知らない人はダメという感じです。

なんとなくわかりますか?汗


しかし外国から来た人たちは、頭ではわかっていても育ってきた文化が違うため、すぐに適応していくことは簡単ではありません。

そんな中で「〇〇さんは協調性がなくてダメだよね」とあたかも相手が日本人と同じ感覚を持っているかのように見定めてしまうので、外国人は働きにくいと感じ職場を去ってしまうことがあります。

これは悲しい。



また日本人の話す日本語は分かりづらいということもよく耳にします。


例えば「大丈夫」という言葉がありますが、

時と場合により、肯定的にも否定的にも捉えることのできる言葉ですよね。

しかし外国人は、日本語を勉強する際、大丈夫という言葉は

心配する必要がないときに使う言葉として学習しています。


例えば、けがをしたときに

Q.「大丈夫ですか?」

A.「大丈夫です(問題ありません)」

というような感じですね。


一方で、

Q.「仕事終わりにご飯に行きませんか?」と誘った際に

A.「大丈夫です」

と言われると、行きたいのか行きたくないのか分かりませんよね。


日本人は会話の中で、こういった曖昧な表現をしても、

文脈や表情から読み取ることができるかもしれませんが、外国人にとっては

「大丈夫」は「大丈夫(問題ない)」

と認識しているため、意味が通じていないケースがよくあります。



ちなみに英語で

「It's a piece of cake.」

という言葉がありますが、意味はわかりますか?


英語が話せない日本人(私もですが。。。)はおそらく

「それは一切れのケーキです」という意味だと頭の中に浮かんだと思います。


直訳するとそうですが、実際の意味は



「超カンタンだね」


という意味になります。


英語圏の外国人は当たり前のように使う言葉も、日本人にはなかなかイメージがしづらいフレーズですよね。

※ちなみに欧米の人にとって「一切れのケーキを食べることくらい朝飯前だよ~」といった感覚から超カンタンという意味につながります。


これと同じようなことが、外国人の方々は感じているということです。




3.改善策


では、どうしていくのがいいでしょうか。


僕がおすすめする方法は、以下の3つです。


・既存社員が率先してコミュニケーションをとりに行く


新入社員が入ってきたら、どんな子が来たのかな?と興味を持ちますよね。

同じように外国人の方々にも興味を持っていただきたいです。


特に異国の地で働く外国人は、日本人とうまく仕事ができるかな、気に入ってもらえるかなと我々以上に不安を感じています。


不安な中、やさしく声をかけてくれた先輩のことは忘れないでしょうし、何か困ったことがあったら率先して助けてくれると思いますよ。



・職場の共通言語を「やさしい日本語」にする


皆さんの職場の共通言語はなんですか?


ほとんどの日本の会社は日本語だと思いますが、


実は外国人にとって

「やさしい日本語」を話す日本人

「むずかしい日本語」を話す日本人がおり、


同じ日本人でも、日本語を使って外国人と会話ができる人もいれば、会話ができない人もいます。


そういう人に限って「この子は日本語がへたくそだ」と自分の日本語が通じないことを相手のせいにしています。

会話が通じない要因は外国人だけではないんですよね。



実は僕は日本にいる外国人とコミュニケーションをとるのが得意です。

なぜなら「やさしい日本語」を使うことができるからです。


やさしい日本語について、これらのホームページを参考にしてみてください。


東京都のホームページです。

ぜひ見てみてください。



こちら島根県が発行しているやさしい日本語のPDFデータです。

イラスト付きでとても分かりやすくなっています。


個人的にはやさしい日本語のポイントは


・その言葉だけで意味が分かる

・ゆっくり話す

・表情豊かに相手に聞こえる声のトーンで話す


こんな感じでしょうか。


ちなみにやさしい日本語が使えている職場は外国人だけでなく、日本人同士のコミュニケーションや仕事での効率化が図られる要素もあり、効果は抜群です!



・外国人のいいところを積極的に取り入れる


僕がサポートした介護施設では、外国人を採用して良かった!というお話をよくいただきます。


最初は「入居者さんやスタッフとうまくやっていけるだろうか」、「急に来なくなったりしないかな」など不安要素のほうが多かったそうです。


でも実際そんな不安は杞憂に終わり、それ以上に期待値を超える活躍をしてくれているとのことでした。



これは外国人の仕事に対するホスピタリティやパッションの違いだと思っています。


例えば、日本語を勉強している外国人は入居者さんの発言をしっかり聞こうとします。

またわからない言葉があっても、相手の表情や所作などから何を考えているか読み取ろうという洞察力が働きます。


入居者さんからすると、「わざわざ遠い国から介護をしに来てくれている」、「海外には行けないけど、異国の方と接することで外国の風を感じることができる」といった好印象を持っていただけるようになり、結果として満足度が向上しているそうです。


またこの影響は同じ現場で働く日本人スタッフにも良い影響を与えてくれているとのことでした。


もちろん良い部分だけでなく、改善すべき点はまだまだありますが、受け入れて良かったというお声をいただき、日々サポートして良かったなと思ったりしています。



ぜひ外国人の良いところを取り入れて、切磋琢磨できる関係性を築いてみてはいかがでしょうか。




最後に


良い職場は必ずと言っていいほど人間関係が良好です。

逆に人間関係を改善すれば、ほとんどの問題を解決できるといっても過言ではありません。



その良い人間関係を握るカギは「コミュニケーション」にあるということです。



誰かの悩みの参考になったらすっごく嬉です。


それでは~

閲覧数:64回0件のコメント

Comments


bottom of page